ヒュンダイ世界販売、4.6%増の224万台と回復 2018年上半期

自動車 ビジネス 海外マーケット
ヒュンダイ・コナ
ヒュンダイ・コナ 全 3 枚 拡大写真
韓国のヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は7月2日、2018年上半期(1~6月)の世界新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は224万2900台。前年同期比は4.6%増と回復した。

全販売台数224万2900台のうち、海外では2018年上半期、188万8519台を販売。前年同期比は4.9%増とプラスになった。

海外では、新型コンパクトSUVの『コナ』が好調。市場別では、中国が回復傾向にあり、ブラジルやロシアなどの新興国でも販売を押し上げた。

地元韓国では2018年上半期、35万4381台を販売。前年同期比は2.8%増だった。SUVの新型『サンタフェ』が販売の中心。2018年3~6月まで、4か月連続でヒュンダイの韓国最量販モデルに君臨している。

ヒュンダイの2017年の世界新車販売は、450万7000台。前年比は6.4%減と、2年連続のマイナスだった。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヒュンダイ エラントラTCR プロトタイプ(スクープ写真)
  • フォルシア(ロゴ)
  • ヴォクソール・コルサ
  • ヒュンダイ初の空飛ぶ車(模型。CES 2020)
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ