モデル別輸入車販売、MINIが2期連続トップ 2018年上半期

自動車 ビジネス 国内マーケット
MINIは5月から改良新型が販売されている。写真は改良前。
MINIは5月から改良新型が販売されている。写真は改良前。 全 2 枚 拡大写真
日本自動車輸入組合が発表した2018年上半期(1~6月)の外国メーカー車モデル別新車登録台数によるとBMWグループMINIが1万2771台で、上半期として2期連続トップとなった。

2位はフォルクスワーゲン(VW)の『ゴルフ』で1万2124台とトップと約650台差だった。3位はメルセデスベンツ『Cクラス』、4位がメルセデスベンツ『Eクラス』と、1~4位まで前年上半期と同じ順位だった。

5位はVWの『ポロ』で、前年から1ランクアップした。6位がBMW『3シリーズ』で1ランクダウン。7位は前年トップ10圏外のボルボ「40」シリーズ。

1位:MINI 1万2771台
2位:フォルクスワーゲン・ゴルフ 1万2124台
3位:メルセデスベンツCクラス 8556台
4位:メルセデスベンツEクラス 5636台
5位:フォルクスワーゲン・ポロ 4944台
6位:BMW 3シリーズ 4225台
7位:ボルボ「40」シリーズ 3929台
8位:BMW X1 3675台
9位:アウディA3 3536台
9位:BMW 2シリーズ 3536台

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW S1000XR
  • ハーレーダビッドソン・スポーツスターXL1200Xフォーティエイト
  • メルセデスベンツC180クーペ(参考画像)
  • MINI
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ