輸入小型二輪車販売、ハーレーは12.0%減で2年連続マイナス 2018年上半期

モーターサイクル 企業動向
ハーレーダビッドソン・アイアン1200
ハーレーダビッドソン・アイアン1200 全 1 枚 拡大写真
日本自動車輸入組合(JAIA)は、2018年上半期(1-6月)の輸入小型二輪車新規登録台数を発表。前年同期比3.7%減の9916台で、2年連続のマイナスとなった。

シェアトップのハーレーダビッドソンは同12.0%減の4382台で2年連続のマイナス。シェアは44.2%で4.2ポイントダウンした。

2位のBMWは同3.3%増の2426台で2年連続のプラス、3位ドゥカティは同10.4%増の920台で2年ぶりのプラス。以下トライアンフは同12.9%減の895台で2年連続のマイナス、KTMは同35.9%増の715台で4年ぶりのプラストなッた。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • KTM 890DUKE R
  • ヤマハ XMAX
  • ミツバサンコーワEDR-21G/L
  • カワサキ Z H2 と ヤマハ MT-10SP
  • インディアン チャレンジャー
  • アストンマーティン AMB 001 のプロトタイプによる走行テスト
  • トライアンフ ボンネビルT100バド・イーキンス・スペシャルエディション
  • マックデリバリーサービスにテスト導入された屋根付き三輪電動スクーター「AAカーゴ」

ピックアップ