輸入小型二輪車販売、ハーレーは12.0%減で2年連続マイナス 2018年上半期

モーターサイクル 企業動向
ハーレーダビッドソン・アイアン1200
ハーレーダビッドソン・アイアン1200 全 1 枚 拡大写真
日本自動車輸入組合(JAIA)は、2018年上半期(1-6月)の輸入小型二輪車新規登録台数を発表。前年同期比3.7%減の9916台で、2年連続のマイナスとなった。

シェアトップのハーレーダビッドソンは同12.0%減の4382台で2年連続のマイナス。シェアは44.2%で4.2ポイントダウンした。

2位のBMWは同3.3%増の2426台で2年連続のプラス、3位ドゥカティは同10.4%増の920台で2年ぶりのプラス。以下トライアンフは同12.9%減の895台で2年連続のマイナス、KTMは同35.9%増の715台で4年ぶりのプラストなッた。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  2. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
  3. シボレー コルベットZ06 新型、レッドゾーンは8600rpmから 10月26日発表予定
  4. 【VW ゴルフヴァリアント 新型試乗】パサートに迫る空間でも余裕綽綽な“1リットル”…島崎七生人
  5. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  6. シャコタン車両が700台集結!…スタンスネイションジャパン2021愛知
  7. ポルシェ 718 ケイマン に頂点、「GT4 RS」開発中 11月デビューへ
  8. 自転車用スマートヘルメット登場…ドラレコ&Bluetoothスピーカー内蔵
  9. トヨタ純正ディスプレイオーディオに外部機器を接続する奥の手[サウンドユニット セッティング法]
  10. 【ホンダF1】30年ぶりの戴冠をめざす終盤戦…技術首脳が語る、躍進の理由と意義
ランキングをもっと見る