いすゞの大型観光バス ガーラ、ドライバー異常時対応システムを全車標準装備

自動車 ニューモデル 新型車
いすゞ ガーラ
いすゞ ガーラ 全 2 枚 拡大写真
いすゞ自動車は、大型観光バス『ガーラ』を改良、ドライバー異常時対応システム(EDSS)を全車に標準装備し、7月6日より販売を開始した。

EDSSでは、ドライバーに急病などの異常が発生した際、ドライバー自身や乗客が非常ブレーキスイッチを押すことにより減速・停止できる。作動時、車内では非常ブザーが鳴るとともにスイッチ内蔵ランプが点灯し、赤色フラッシャーが点滅。また周囲(車外)にはホーンを鳴らし、ストップランプとハザードランプを点滅させることにより、異常を知らせる。

そのほか安全面では、35~110km/hの範囲内で任意の制限速度を設定できる可変式スピードリミッターを全車標準搭載。不要な速度超過を抑制し、安全でエコな運行をアシストする。さらにELR(緊急ロック式巻き取り装置)3点式シートベルトおよびシートベルトリマインダー(警告灯)もオプション設定。乗客にシートベルトの確実な装着を促す。

また、クラッチ操作が不要なAMT(機械式自動変速機)を全長12m車を含む全車型に展開。オートマチックモードと、手もとのギヤセレクターで自在に変速を切り替えられるマニュアルモードが選択でき、運転負担の軽減および燃費効率の良い走行を実現する。

価格は全長12m、A09-UV〈AT-VIII〉360psエンジン、7速AMT、貸切11列が4239万3240円など。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 【MotorTrend】旧車芸人「千原ジュニアの名車再生!プロジェクト」をご紹介
  • 新型BT-50(ダブルキャブ、オーストラリア仕様)
  • マツダ BT50 現行型(参考画像)
  • いすゞ エルガ(左)とエルガミオ
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ