北海道新幹線の高速走行試験は9月に実施…最高210km/hで走行、すれ違い試験も

鉄道 行政
青函トンネル内での最高210km/h運転を目指していよいよ高速走行試験が始まる北海道新幹線。
青函トンネル内での最高210km/h運転を目指していよいよ高速走行試験が始まる北海道新幹線。 全 1 枚 拡大写真
独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)は7月11日、JR北海道海峡線で北海道新幹線の高速走行試験を9月2~19日に実施すると発表した。

青函トンネルを介して新中小国信号場(青森県外ヶ浜町)と木古内駅(北海道木古内町)を結ぶ同線は、北海道新幹線とJR貨物の貨物列車が線路を共用して運行する「青函共用走行区間」となっているが、青函トンネル内での新幹線と貨物列車のすれ違いによる風圧の影響を考慮して、現在、北海道新幹線は同区間の最高速度が140km/hに制限されている。

しかし、昨年12月に開催された「青函共用走行区間等高速化検討ワーキンググループ(WG)」の会合では、北海道新幹線の高速化を目指して、青函トンネル内で今年度末にも160km/h走行を、遅くとも2020年度には特定時期の一部時間帯を対象に下り線での210km/h走行を実施する方針が取りまとめられた。

今回の高速走行試験はそれを受けてのもので、160km/h走行試験ではすれ違い試験を同時に実施。200~210km/hの走行試験は下り線のみを使って行なわれる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ