北海道新幹線の高速走行試験は9月に実施…最高210km/hで走行、すれ違い試験も

鉄道 行政
青函トンネル内での最高210km/h運転を目指していよいよ高速走行試験が始まる北海道新幹線。
青函トンネル内での最高210km/h運転を目指していよいよ高速走行試験が始まる北海道新幹線。 全 1 枚 拡大写真
独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)は7月11日、JR北海道海峡線で北海道新幹線の高速走行試験を9月2~19日に実施すると発表した。

青函トンネルを介して新中小国信号場(青森県外ヶ浜町)と木古内駅(北海道木古内町)を結ぶ同線は、北海道新幹線とJR貨物の貨物列車が線路を共用して運行する「青函共用走行区間」となっているが、青函トンネル内での新幹線と貨物列車のすれ違いによる風圧の影響を考慮して、現在、北海道新幹線は同区間の最高速度が140km/hに制限されている。

しかし、昨年12月に開催された「青函共用走行区間等高速化検討ワーキンググループ(WG)」の会合では、北海道新幹線の高速化を目指して、青函トンネル内で今年度末にも160km/h走行を、遅くとも2020年度には特定時期の一部時間帯を対象に下り線での210km/h走行を実施する方針が取りまとめられた。

今回の高速走行試験はそれを受けてのもので、160km/h走行試験ではすれ違い試験を同時に実施。200~210km/hの走行試験は下り線のみを使って行なわれる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京都交通局から譲渡された熊本電鉄の6000形電車。
  • 北海道新幹線のトンネル抗口。
  • 西武新宿駅で発車を待つ30000系電車。この駅を含む通勤利用駅の4駅では、平日朝の混雑予測を表示し、通勤ピーク時間帯以外の利用を促すことが企図されている。
  • 大阪環状線と桜島線の全列車を受け持つ最新鋭の323系にもモニタ状態監視装置が導入される。
  • 1990年度のグッドデザイン賞に選ばれたこともある「クリスタルエクスプレス」(左)。右は現在は見られないキハ40形「ぽっぽや号」。1999年6月、富良野駅。
  • 大井川の減水が懸念されるため、静岡工区が未着工となっている中央新幹線工事。JR東海では静岡県の専門部会から出される質問、意見、趣意などについて検討を進め、その結果をフィードバックした上で、専門部会が検討する運びとなった。
  • 京成電鉄の3000形電車。窓は開くものの、停電時は冷房が作動しない。
  • 吹田貨物ターミナル駅(2013年4月末)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/07/12/311835.html/article/2018/07/12/311834.html/article/2018/07/12/311836.html