豪雨時の自動ブレーキは過信禁物、40km/hで衝突のおそれ JAF検証

自動車 テクノロジー 安全
雨量80mm/h、車速40km/h
雨量80mm/h、車速40km/h 全 4 枚 拡大写真
JAF(日本自動車連盟)は、豪雨時の衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の作動について検証を行い、その結果を7月17日よりホームページに公開した。

テストは日本自動車研究所特異環境試験場(茨城県つくば市)で実施。天候は雨のない状況と、気象庁用語で「猛烈な雨」とされる雨量80mm/h、速度は30km/hと40km/hを設定し、自動ブレーキが適切に作動して、障害物との衝突を回避できるのかを検証した。

まず、雨が降っていない状況では、30km/h と40km/hのいずれの速度でも、障害物の手前で停止。しかし雨量80mm/hの場合、30km/hでは停止できたが、40km/hでは障害物を一瞬検知したものの、自動ブレーキが作動せず、障害物に衝突した。

JAFでは、車種、検知システム、雨量、速度などによって結果は異なると前置きした上で、自動ブレーキはドライバーのミスをカバーしたり、衝突時の被害を軽減するものだが、悪天候時は正常に作動しないこともあるので、機能を過信しないことが大切だと注意を呼びかけている。



クルマの購入については、車両の調達から定期点検、車検、各種税金の支払い、事故対応など、車両に関わる事の大半をパッケージ化…

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • グーグル/ウェイモの自動運転実験車
  • ポルシェの先進運転支援システムのイメージ
  • 損保ジャパン日本興亜や兵庫県、たつの市、アイサンテクノロジー、ティアフォー、KDDI、ダイナミックマップ基盤、神姫バス、ウエスト神姫が新しいモビリティサービスで連携
  • ヤマハ発動機とソニーが共同開発したSC-1
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/07/18/312036.html/article/2018/07/18/312035.html/article/2018/07/18/312037.html