アウディ R8/R8スパイダー、スマートフォンインターフェイスなどを標準装備化

自動車 ニューモデル 新型車
アウディ R8スパイダー
アウディ R8スパイダー 全 1 枚 拡大写真
アウディジャパンは、フラッグシップスポーツ『R8』および『R8スパイダー』(Audi R8, R8 Spyder)の装備を一部変更するとともに価格を改訂し、7月18日より全国のAudi Sport店で発売する。

新型R8およびR8スパイダーは、自然吸気V10エンジンや新世代のアウディ スペース フレーム(ASF)、新開発のquattroフルタイム4輪駆動システムなど採用。スーパースポーツカーとしての性能と、日常的な使用での快適性や実用性を兼ね備えたアウディのフラッグシップスポーツカーとして、発売以来好評を得ている。

今回の一部仕様変更では、スマートフォンインターフェイスと接続ケーブルを標準装備。価格はR8 V10が2465万円、高性能仕様のR8 V10プラスが2915万円、R8 V10スパイダーが2623万円。11万円のアップとなった。

鈴鹿サーキットは、7月26~29日に開催する「2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦"コカ・コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会」の…

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 1959年ビュイック インヴィクタ
  • アウディ R8 LMS GT4 改良新型
  • アウディ R8 LMS GT2
  • アウディ R8 Decennium(デセニウム)納車式
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ