ジャガーランドローバー、スマホで充電ステーションの空き状況確認が可能に…新充電サービス

エコカー EV
ジャガーランドローバーの新たな充電サービス
ジャガーランドローバーの新たな充電サービス 全 4 枚 拡大写真
ジャガーランドローバー(Jaguar Land Rover)は7月17日、電動車両の顧客向けの新たな充電サービスを、欧州で開始すると発表した。

この新たな充電サービスは、ジャガー初の市販EVの『I-PACE』、ランドローバーのプラグインハイブリッド車(PHV)、『レンジローバーPHEV』、『レンジローバースポーツPHEV』が対象。ジャガー ランドローバーは、プラグサーフィン社と提携し、プレミアムな充電サービスを導入する。

ユーザーは、プラグサーフィン社が欧州全域で展開する7万拠点の充電ステーションが利用可能。また、スマートフォンなどに専用アプリをダウンロードすることにより、充電ステーションの空き状況が確認できる。

さらにユーザーには、ユニバーサル充電カードを配布。充電ステーションでのチャージ後に、電気代を決済することを可能にした。

ジャガー ランドローバーは、シンプルなアクセシビリティ、使いやすさ、支払いをひとつのソリューションで簡単に行うことを目指す、している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー・ランドローバー(イメージ)
  • ジャガー I-PACE 改良新型
  • ランドローバー・ディフェンダー 新型
  • ジャガー・ランドローバーの「インジニウム」エンジン
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ