マツダ 6 改良新型、7月下旬に欧州発売…最新コネクト採用

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ6改良新型
マツダ6改良新型 全 8 枚 拡大写真
マツダの欧州部門、マツダモーターヨーロッパは7月17日、改良新型マツダ『6』(Mazda 6、日本名:『アテンザ』に相当)を、7月下旬に欧州で発売すると発表した。同車には、最新の車載コネクティビティが採用される。

現行アテンザは2012年に登場。改良新型モデルは、現行モデルのデビュー以来、3度目の改良が施されたモデルになる。

改良新型マツダ6には、最新のコネクティビティを搭載。8インチのセンターディスプレイを初採用。ドライバー正面のメーター内には、7インチのTFT・LCDディスプレイを上級グレードに装備した。

ヘッドアップディスプレイの「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」も進化。車両に関する情報を直接、フロントガラスに表示する。

また後席には、新デザインのセンターアームレストを採用。この中には、USBポートが2個装備されており、スマートフォンなどの充電が行える。

鈴鹿サーキットは、7月26~29日に開催する「2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦"コカ・コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会」の…

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/07/19/312089.html/article/2018/07/19/312088.html/article/2018/07/19/312090.html