いすゞ、大型トラック ギガ 7000台をリコール 燃料漏れのおそれ

自動車 テクノロジー 安全
いすゞ ギガ(参考画像)
いすゞ ギガ(参考画像) 全 2 枚 拡大写真
いすゞ自動車は7月19日、大型トラック『ギガ』の燃料ホースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2017年5月25日~2018年5月24日に製造された7413台。

燃料パイプと燃料ホースの取付け構造が不適切なため、組付け時のばらつき等により燃料ホースに過大な応力が発生し、亀裂が生じることがある。そのため、そのまま使用を続けると亀裂が進展して燃料ホースが破損、燃料が漏れるおそれがある。

改善措置として、全車両、燃料パイプおよび燃料パイプの取付けブラケットを対策品に交換する。

不具合は5件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 【MotorTrend】旧車芸人「千原ジュニアの名車再生!プロジェクト」をご紹介
  • 新型BT-50(ダブルキャブ、オーストラリア仕様)
  • マツダ BT50 現行型(参考画像)
  • いすゞ エルガ(左)とエルガミオ
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ