平成30年7月豪雨の被災地、自賠責保険の継続契約手続き8月6日まで猶予

自動車 ビジネス 海外マーケット
平成30年7月豪雨(7月8日、倉敷市) (c) Getty Images
平成30年7月豪雨(7月8日、倉敷市) (c) Getty Images 全 2 枚 拡大写真
日本損害保険協会は、平成30年7月豪雨の被災地で、自賠責保険の継続契約の締結手続きを2018年8月6日まで猶予すると発表した。

道路運送車両法第61条の2の規定に基づいて、自動車検査証の有効期間が伸長された地域に使用の本拠を置く自動車について、自賠責保険の継続契約の締結手続きと継続契約保険料の払い込みを猶予する特別措置を実施している。

継続契約手続きはこれまで7月23日までとしていたが、8月6日まで猶予する。保険料払い込み期間は最長で9月末まで猶予する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三次~狩留家間の再開が10月23日に決まった芸備線の列車。
  • 平成30年7月豪雨(7月10日、広島市) (c) Getty Images
  • 4月4日から三次~中三田間で暫定的に再開する芸備線の列車。7往復が設定される。
  • 3月16日のダイヤ改正を機に、東京・大阪・岡山~福岡間に4本残っていた運休中の貨物列車がすべて再開する。
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ