カレコカーシェアリング、メルセデスベンツ Cクラス 特別仕様車20台を導入へ

自動車 ビジネス 国内マーケット
メルセデスベンツC180 ローレウスエディション
メルセデスベンツC180 ローレウスエディション 全 2 枚 拡大写真
三井不動産リアルティは、同社が運営する「カレコ・カーシェアリングクラブ」にて、メルセデスベンツ『C180ローレウスエディション』(Mercedes-Benz C-Class)20台を8月2日より順次導入すると発表した。

カレコ・カーシェアリングクラブはメルセデス・ベンツ日本と協力し、2016年7月から様々な車種を導入。2018年5月の車種別稼働率で上位10車種中8車種がメルセデスベンツとなるなど、若年層を中心に高い人気を集めている。今回、より多くの会員にメルセデスベンツの魅力を感じてもらうために、主力モデルCクラスの特別仕様車C180ローレウスエディションを20台導入する。

C180ローレウスエディションは、「C180セダン」をベースに、インテリアとエクステリアに「AMGライン」を採用したほか、前席シートヒーターや、縦列・並列駐車をサポートする「パーキングパイロット」、スポーツサスペンションなどを標準装備した特別仕様車となる。

C180ローレウスエディションは、都内20か所のステーションに8月2日より順次導入。利用料金(プレミアムクラス・ベーシック)は6時間パック6800円、12時間パック8000円、24時間パック9800円など。

鈴鹿サーキットは、7月26~29日に開催する「2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦"コカ・コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会」の…

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・ヤリス
  • ジープ ラングラー アンリミテッド ルビコン スカイ-ワン-タッチパワートップ
  • トヨタ ハイエースワゴン
  • ボルボ XC40
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)

ピックアップ