ダイハツ ミラトコット、発売1か月で9000台を受注 月販目標の3倍

自動車 ニューモデル 新型車
ダイハツ・ミラトコット
ダイハツ・ミラトコット 全 3 枚 拡大写真
ダイハツは、6月25日に発売した新型軽乗用車『ミラトコット』の累計受注台数が、発売後1か月で、月販目標(3000台)の3倍となる約9000台となったと発表した。

ミラトコットは、「誰でもやさしく乗れる、エフォートレスなクルマ」をコンセプトに、若年女性エントリーユーザーをはじめ幅広い層に向けて開発した新商品。シンプルで愛着のわくデザインや、車両感覚がつかみやすく死角の少ないパッケージ、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」をはじめとした安全・安心装備などを採用しながら、軽自動車ならではのリーズナブルな価格を実現している。

ダイハツによると、ミラトコットの購入層はメインターゲットの若年女性はもとより、子離れやシニアなど幅広い年齢層に渡っており、想定の約9割を上回る、ほぼすべての購入客がスマートアシストIII搭載グレードを選択。ボディカラーは新色のセラミックグリーンメタリックが最も人気で、個性を主張するアナザースタイルパッケージも、スイートスタイルを中心に好評を得ている。

主な好評点としては、リーズナブルな価格で設定されたスマートアシストIIIやパノラマモニターなどの安全・安心性能、車両感覚がつかみやすく安心して運転できるパッケージ、シンプルで愛着のわくデザインなどがあげられている。

新型『フォレスター』は、2.5リットル直噴エンジンと、e-BOXERと名付けた2.0リットル直噴エンジンとモーター…

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ