マツダの世界生産、6.3%増の83万3274台で7年連続のプラス 2018年上半期

自動車 ビジネス 企業動向
マツダCX-8
マツダCX-8 全 2 枚 拡大写真
マツダは7月27日、2018年上半期(1~6月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は、前年同期比6.3%増の83万3274台で7年連続のプラスとなった。

国内生産は『CX-5』などの増加で、同9.9%増の51万4716台と2年ぶりのプラス。海外生産も『アクセラ』や『デミオ』の増加により、同1.0%増の31万8558台で5年連続のプラスとなった。

国内販売は同7.5%増の11万9898台で2年連続のプラス。新型車『CX-8』の投入などが貢献した。登録車の国内シェアは0.6ポイントアップの5.6%となった。

輸出は同11.7%増の41万8032台で2年ぶりのプラス。北米向けなどが増加した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • オートザム・クレフ(1992年)
  • マツダ MX-30
  • マツダ キャロル
  • ブリヂストンTURANZA T005A
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV