反撃の7代目、BMW 3シリーズツーリング 次期型を鮮明スクープ!

自動車 ニューモデル 新型車
BMW 3シリーズツーリング スクープ写真
BMW 3シリーズツーリング スクープ写真 全 13 枚 拡大写真
BMW『3シリーズ』次期型(G21型)をベースとしたステーションワゴン『3シリーズツーリング』プロトタイプの姿を、初めて鮮明にカメラが捉えた。欧州Dセグメント市場でメルセデスベンツ『Cクラス』に押され気味の3シリーズが、7代目で反撃に出る。

最新プロトタイプでは、ワイドになったキドニーグリル、新LEDデイタイムランニングライトを備える薄型でシャープなヘッドライトを確認。バンパーのエアインレットは大型化されており、『8シリーズ』を彷彿させるルックスへ大変身だ。注目のリアビューには、L字型テールライトの一部や、傾斜が強くなったリアウィンドウを備えていることがわかる。

3シリーズ次期型のプラットフォームには「CLAR」を新採用、カーボンファイバーを多用し、現行モデル比約100kgの軽量化を図ると見られる。

パワートレインは、最高出力136psを発揮する1.5リットル直列3気筒エンジン搭載の「316i/d」(ガソリン/ディーゼル)、150psから163psへ向上する2リットル直列4気筒の「318i/d」(同)をラインアップ。『M340i』には、「xDrive」を備える3リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は385psまで高められるという。さらに、2リットル直列4気筒ガソリンエンジンとモーターを組み合わせるPHVモデルやEVの設定も噂されている。

コックピットには、フルデジタル・インストルメントクラスタを採用。BMWの次世代デジタルコックピット、「BMWオペレーティングシステム7.0」を搭載も確実だろう。

スクープ班からの情報によると、セダンが10月パリモーターショーで発表された後、2018年後半から2019年前半のモーターショーでツーリングがお披露目となりそうだ。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/08/02/312653.html/article/2018/08/02/312652.html/article/2018/08/02/312654.html