【BMW 6シリーズ グランツーリスモ 試乗】「脱走欲求」に駆られる…岩貞るみこ

試乗記 輸入車
BMW 6シリーズグランツーリスモ(写真は海外仕様)
BMW 6シリーズグランツーリスモ(写真は海外仕様) 全 16 枚 拡大写真
パッケージの★は3つだ。全長5105mm。日本では駐車場を選ぶ大きな体格のクルマ、私の基準ではどう考えたって★はひとつで十分なのだが、しかしながら、この大きさでしか表現できないのびやかで流麗なボディライン、そして乗り心地などを合わせると、3つ、つけざるをえない。

ボディの後ろにかけて、なだらかに下がるルーフライン。大きなリアウィンドーは思い切り寝かされている。荷物室は、このリアウィンドーごと開くので、さぞや重いのだろうと思いきや、そこはそれ、高級車たるもの電動開閉機能つきでスイッチひとつで軽々と大オープンしてくれる。ついでに、ナンバープレートの下あたりに足をかざすだけでも開閉するので、とても使いやすいのだ。

人がふたり、隠れられるのではないかというくらい広い荷室は床下にも収納があり、この床自体にもダンパーが装着されているので、開いた状態でキープしてくれる。荷物を満載してロングツーリングに出かけてねという意思表示がしっかりと感じられる。

ハンドルの握りは太く、しかも表面がふんわりと柔らかい。手のひらに伝わってくるのはストレスを感じさせない安心感だ。そして、サスペンションは、エアサス。これがまあ、しなやかでなめらかで、でも、ふわふわとしない安定感があって、心地よさがじわじわと伝わってくる。

路面に凹凸があっても、脳のすみっこのほうでかろうじて認識できる程度で、試乗しているあいだ、ずーっと感じていたのは、「ああ、もっと乗っていたいなあ。このまま大阪まで行っちゃおうかな」という脱走欲求だ。まさに、ロングドライブのために作られたクルマ。長距離、長時間、気持ちのいい移動が約束されている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材するほか、最近は ノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。コラム『岩貞るみこの人道車医』を連載中。

《岩貞るみこ》

【画像】【BMW 6シリーズ グランツーリスモ 試乗】「脱走欲求」に駆られる…岩貞るみこ(16枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  2. マニアック?! 懐かしの名車210台が集結…カーフェスティバルin川島町
  3. ブレーキパッド交換時の選択肢…安全とコストに差が出る!
  4. 電動化すべき!! 第1位はトヨタ ハイエース、そして…発表【48時間アンケート】
  5. ウド鈴木も登場…トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルを開催
  6. BMWのEVに初の「M」、『i4 M50』は544馬力…生産開始
  7. 日野自動車、ダカールラリー2022参戦車両を発表…軽量化&加速性能を向上
  8. このクルマ要注意 心と身体を揺さぶる新たなMINI John Cooper Worksの真価に迫るPR
  9. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  10. 世界強度レベルの車体骨格を成形…JFEスチールの工法がレクサス新型で採用
ランキングをもっと見る