バトン、ホンダ シビックタイプR で市販FFの最速ラップ…ハンガロリンク

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
ジェンソン・バトン選手とホンダ シビックタイプR 新型
ジェンソン・バトン選手とホンダ シビックタイプR 新型 全 5 枚 拡大写真
ホンダの欧州部門、ホンダモーターヨーロッパは8月6日、新型『シビックタイプR』が「タイプRチャレンジ2018」の締め括りとして、ジェンソン・バトン選手がハンガリーのハンガロリンク(サーキット)で市販FF車最速のラップタイムを計測した、と発表した。

シビックタイプRは2017年4月、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、市販FF車最速の7分43秒8のラップタイムを記録。タイプRチャレンジ2018は、このニュルでの挑戦にインスパイアされ、欧州の有名サーキット5か所でタイムアタックを行う。

シビックタイプRは、新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを積む。スペックは最大出力が320ps、最大トルクが40.8kgm。0~100km/h加速5.7秒、最高速272km/hの性能を発揮する。

ホンダはこのタイプRチャレンジ2018の締め括りとして、元F1チャンピオンで、『NSX』で日本のSUPER GTに参戦するジェンソン・バトン選手を起用。ハンガリーのハンガロリンクにおいて、市販FF車のラップタイムの更新に挑んだ。

その結果、バトン選手が操る新型シビックタイプRは、2分10秒19のタイムを計測。同サーキットにおける市販FF車最速ラップタイムを達成した。

バトン選手は、「新型タイプRは、とてもバランスが取れている。最も驚いたのは、ブレーキ性能の高さ。マニュアルトランスミッションも非常にいい」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 無限 シビック タイプR
  • 「ROAD OPEN」のナンバーを付けたマーシャルカー(マン島TTレース2019)
  • ホンダ・シビック ・タイプR のワンオフモデル
  • ホンダ・シビック・タイプR をオフローダーに仕立てたワンオフモデル
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真
  • シボレー カマロ 現行型
  • ダチア ドッカー 次期型 スクープ写真
  • 日産 ピックアップ ナバラ

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/08/07/312835.html/article/2018/08/07/312834.html/article/2018/08/07/312836.html