GM車オーナー、個人車両を貸与して収益…カーシェアリングと連携

自動車 テクノロジー ネット
GMのカーシェアリングブランド「メイヴェン」
GMのカーシェアリングブランド「メイヴェン」 全 1 枚 拡大写真
GMは8月6日、カーシェアリングブランド、「メイヴェン」のサービスを拡大すると発表した。GM車オーナーがカーシェアに車両を貸し出すことによって収益が得られる。シカゴ、デトロイト、アナーバーでベータ版サービスが導入された。

アプリを通じて個人間取引ができるピアツーピア型カーシェアリングだ。GM車のオーナーは、自分が車両を使用していない時、その車両で収入が得られる。GM車のオーナーはウェブサイトから自身の車両を登録できる。カーシェアリングに提供された車は、他のメイヴェンに登録されている車両と同様に、15万人を超える会員が利用可能だ。

サービスの対象となる車両は、2015年モデル以降のシボレー、ビュイック、GMC、キャデラックの乗用車。

なおGMは、今秋の米国の他の市場での展開拡大に向けて、今回のベータ版サービスから有益な情報を収集する予定、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • シボレー・カマロ
  • GM車への「Googleアシスタント」車載化イメージ
  • GM世界販売、8.3%減の381万台 2019年上半期
  • 米国ミシガン州デトロイト市のGM本社ビル
  • BMW M5 改良新型 スクープ写真
  • 日産 の新型EVクロスオーバーは、「iMX」の市販型となるか。画像は予想CG
  • DS 8 開発車両 スクープ写真
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/08/08/312884.html/article/2018/08/08/312883.html/article/2018/08/08/312885.html