ポルシェ初のEV『タイカン』、911カレラGTS より速い…元F1ドライバーが試した

エコカー EV
ポルシェ タイカンの開発プロトタイプ車とマーク・ウェバー氏
ポルシェ タイカンの開発プロトタイプ車とマーク・ウェバー氏 全 1 枚 拡大写真
ポルシェのブランド大使を務め、元F1ドライバーでもあるマーク・ウェバーは8月6日、ポルシェ初の量産EVスポーツカー、『タイカン』(Porsche Taycan)のスペックを明らかにした。

タイカンは、コンセプトカーの『ミッションE』の市販版となる4ドアのEVスポーツカー。2019年から生産を開始する予定。現在、開発は最終段階にあると見られる。

このタイカンの開発に参画しているウェバーは今回、タイカンのスペックを明らかに。モーターの最大出力は600psを上回り、0~100km/h加速は3.5秒以下の性能。ウェバー氏によると、0~100km/h加速はポルシェ『911カレラGTS』よりも速く、600psのパワーは、現行ポルシェ最強の『911GT2RS』に次ぐものになるという。

またタイカンには、リチウムイオンバッテリーを搭載。1回の充電での航続は、500km以上。800V充電器に対応しており、15分でバッテリー容量の80%を充電できるという。

さらにタイカンには、電動4WDと4輪ステアを採用。ウェバーは、タイカンがEVカテゴリーのゲームチェンジャーになり得る、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ・パナメーラ・ターボS E-ハイブリッド 改良新型
  • ポルシェ・パナメーラ・ターボS E-ハイブリッド 改良新型
  • ポルシェ・カイエン・ターボ・クーペとポルシェ・カイエン・クーペ
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV