ケーヒン、中国・上海に電動車用製品の新営業拠点を開設

自動車 ビジネス 海外マーケット
新拠点の開所式
新拠点の開所式 全 2 枚 拡大写真
ケーヒンは8月9日、中国子会社の東莞京濱汽車電噴装置が二輪・四輪の電動車用製品の販売拡大に向け、上海市に営業拠点「上海分公司」を開設したと発表した。

今回の新拠点開設は、電動車市場が急速に拡大する中国にて、地域に密着した営業活動により完成車メーカーのニーズにあわせた技術提案をタイムリーに行うことで電動車用製品の販売を拡大することが狙い。

8月9日の開所式に出席した横田千年社長は、「上海分公司は、二輪車、四輪車ともに拡大する中国のxEV市場における拡販の核となる拠点。この拠点を基点とした活発な営業活動により、中国ユーザーへ『うれしさの提供』と『信頼の獲得』ができるよう頑張ろう」と抱負を述べた。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ケイヒン(オートモーティブワールド2020)
  • ケーヒンブースのイメージ
  • 日立とホンダの部品会社統合についての会見の様子
  • 日立と1年後に新会社、「名を捨てて実をとる?」ホンダ系部品3社[新聞ウォッチ]
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フォード ブロンコ 2ドア 開発車両(スクープ写真)
  • VW アルテオン シューティングブレーク 開発車両(スクープ写真)
  • VW ティグアン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ