ホンダ N-VAN、発売1か月で1万4000台超を受注…月販目標の4.6倍

自動車 ニューモデル 新型車
N-VAN +STYLE FUN
N-VAN +STYLE FUN 全 2 枚 拡大写真
ホンダは新型軽バン『N-VAN』について、発売後約1か月となる8月20日現在、月販目標(3000台)の4倍以上となる1万4000台超を受注したと発表した。

Nシリーズの新型モデルでは、2012年発売の『N-ONE』が発売1か月で2万5000台を、2013年の『N-WGN』が2万4000台を受注。今回のN-VANも順調な立ち上がりを見せている。

N-VANの購入層は商用車オーナーからホビー用途まで幅広く、構成比はベーシック/スタンダードグレードの「G/L」が41%、フレンドリーな丸目スタイルの「+STYLE FUN」が44%、ロールーフでスタイリッシュな「+STYLE COOL」が15%となっている。

タイプ別構成比では、「L」「+STYLE FUN」「+STYLE FUN・ターボ」のホンダセンシング装備モデルがいずれも22%と高い人気。そのほか、ダブルビッグ大開口による使い勝手の良さや、低床フロアと助手席ダイブダウンによる大空間の荷室、クラストップレベルの燃費性能などが購入ポイントとしてあげられている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ