帝人、欧州で自動車軽量化部材を製造するTier1サプライヤーを買収

自動車 ビジネス 企業動向
イナパル・プラスティコのウェブサイト
イナパル・プラスティコのウェブサイト 全 2 枚 拡大写真
帝人は自動車部品事業を強化する一環として、ポルトガルの自動車向け複合材料成形メーカーであるイナパル・プラスティコを買収すると発表した。

イナパルは、熱硬化性樹脂をガラス繊維に含浸させシート状にした成形材料を使った自動車部品を提供しているTier1(一次部品メーカー)で、炭素繊維を使用した軽量部品の技術を数多く持つ。自動車業界で「クラスA」と呼ばれる美麗な外観を持つ外板部品を製造する能力があり、フォルクスワーゲン、メルセデス、BMW、ジャガー、ランドローバー、ベントレーなど、欧州自動車メーカーへの幅広い採用実績を持つ。

帝人は2017年1月に北米最大の自動車向け複合材料メーカーであるコンチネンタル・ストラクチュアル・プラスチック(CSP)を買収し、Tier1サプライヤーとなるなど、自動車部品事業を強化している。今回、欧州における自動車向け複合成形材料事業拡大に向けて、欧州の自動車メーカーに幅広い採用実績を持つイナパルを買収する。

帝人は、複合成形部品のTier1サプライヤーとして、地域戦略とマルチマテリアル戦略により、自動車メーカーに対するグローバルソリューションプロバイダーとなることを目指している。イナパルの買収を、自動車向け複合成形材料事業における欧州展開の第1弾と位置づけるとともに、今後さらにM&Aを模索し、欧州の自動車メーカーの部品供給パートナーとして拡大を図る。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • デュアル・ウォール・ダッシュボード
  • 工学院大学ソーラーチーム2019年レース参戦むけ新型モデル発表会
  • 帝人(webサイト)
  • 帝人のCFRTPが採用されるGMCシエラ・デナリ
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ