三井物産、シンガポールのカーシェアリング事業でウィラーと資本提携

自動車 ビジネス 海外マーケット
シンガポール(イメージ)
シンガポール(イメージ) 全 3 枚 拡大写真
三井物産は8月27日、シンガポールのカーシェアリング事業で国内高速バス大手のウィラーと資本提携を行うと発表した。

今回、三井物産の子会社で、シンガポールでカーシェアリング事業を展開するCar Club Pte(CCPL社)は、ウィラーの在シンガポール子会社であるWILLERS PTE. LTD.への第三者割当増資を8月24日に実施した。

三井物産はシンガポールを「所有から利用」の変革がいち早く進む市場と捉え、2010年に同国トップのカーシェアリング会社であるCCPL社に出資参画、2016年に完全子会社化。現在、約270台の車両で約8000人の会員にサービスを提供している。

同社は、IT・マーケティングに強みを持つウィラーとの資本提携を通じ、次世代モビリティを意識したモビリティサービスの進化を目指していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 専用充電ステーション
  • 三井物産 モビリティ第一本部 交通プロジェクト部 野瀬道広部長(右)と、レイ・フロンティア 田村建士代表取締役
  • 日中第三国市場協力フォーラム、右から4人目がGCLグループの朱共山董事長、その左隣が三井物産の安永社長
  • (イメージ)
  • アウディ RS Q8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/08/27/313363.html/article/2018/08/27/313362.html/article/2018/08/27/313364.html