OKI、車両運行管理システムにETC2.0特定プローブデータを活用した新サービスを追加

自動車 テクノロジー 安全
ETC2.0特定プローブ情報配信サービスのデータフロー
ETC2.0特定プローブ情報配信サービスのデータフロー 全 2 枚 拡大写真
OKIは、物流事業者向け車両運行管理システム「ロコモビ2.0」の新サービスとして「ETC2.0特定プローブデータ対応車両位置情報サービス」の提供を8月30日より開始すると発表した。

新サービスでは、走行位置、走行経路、急減速箇所の抽出とヒヤリハットマップの3機能を提供する。従来、車両位置情報などの取得には、専用車載端末が必要だったが、新サービスでは車載端末に市販のETC2.0車載器を利用。専用車載端末の購入費用や通信費用などの負担をなくし、低コストでの車両運行管理の提供を実現する。

同社では、新サービスの3機能とETC2.0プローブデータ分析技術を活用した渋滞予測および、現在開発中の所要時間予測機能やAIによるアナリティクス技術を融合させ、幅広い分野における車両運行に関する業務改革の実現を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • プロジェクションアッセンブリーシステム運用現場
  • 低温塩水サイクル試験の様子
  • 高電圧遮へい電源システム
  • KFC相模原中央店
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV