トヨタ プリウス など55万台、エンジン内配線不具合で火災のおそれ リコール

自動車 テクノロジー 安全
トヨタ・プリウス
トヨタ・プリウス 全 3 枚 拡大写真
トヨタ自動車は9月5日、『プリウス』『プリウスPHV』『C-HR』のエンジンワイヤハーネスに不具合があり、車両火災に至るおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2015年10月26日~2018年5月16日に製造された55万3870台。

エンジンルーム内のワイヤハーネスが保護カバーのない箇所で周辺部品と干渉しているものがある。そのため、走行時の振動により配線の被覆が損傷して、配線同士がショート、発熱し、焼損することがあり、最悪の場合、車両火災に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、配線を点検し、被覆に損傷がないものは保護材を追加する。また、被覆が損傷しているものは保護材を追加した新品と交換する。

部分焼損事故が1件起きている。市場からの情報により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. メルセデスベンツ、PHEV開発終了へ...2020年代終わりにはMTも廃止に
  2. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  3. ー代限りの名車、BMW『Z8』がクーペで蘇る
  4. トヨタ タンドラ 新型、ランクル 譲りのV6ツインターボ搭載 …米国発表
  5. 水素カローラ出力アップ、タイムも飛躍的向上…スーパー耐久 第5戦
  6. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  7. スバル WRX 30年の歴史---新型は2022年発売[フォトヒストリー]
  8. タカタ製のエアバッグ、新たに欠陥の恐れ---米当局が3000万台を追加調査[新聞ウォッチ]
  9. 悪質自転車違反者の取締り強化…全国秋の交通安全運動 9月21日から
  10. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
ランキングをもっと見る