スズキ ランディ 一部改良…安全装備を充実

自動車 ニューモデル 新型車
スズキ・ランディ
スズキ・ランディ 全 3 枚 拡大写真
スズキは、3列シート8人乗りミニバン『ランディ』を一部仕様変更し、9月7日より発売する。

今回の一部仕様変更では、夜間の周囲状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替える「ハイビームアシスト」を搭載したほか、低速走行での前進や後退時に障害物への衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」に「歩行者検知機能(前進時)」を追加した。

さらに、道路標識をメーター内に表示させてドライバーに通知する標識検知機能に、新たに「最高速度標識検知」と「一時停止標識検知」を追加するなど、安全運転をサポートする機能を充実させた。

価格は250万5600円から325万4040円。なおランディは日産『セレナ』のOEMモデル。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スズキ・ワゴンR 新型(インド仕様)
  • スズキ・アクロス
  • 【MotorTrend】スズキ アルトでアメリカ版わらしべ長者の旅スタート!...名車再生!マイクのワールドツアー
  • DF140BG(左)とDF115BG
  • ADV.1 ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムキット
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ