JR西日本の関空行き列車はりんくうタウンまで運行、火災の南海本線尾崎駅は9月11日から再開 台風21号

鉄道 企業動向
JR西日本関西空港線の被災状況。
JR西日本関西空港線の被災状況。 全 3 枚 拡大写真
JR西日本は9月8日、台風21号の影響で関西国際空港連絡橋が損傷を受けたことに伴ない運行を見合わせていた特急『はるか』と関空快速を、指令所設備の復旧に目途が立ったとして再開した。

ただし、連絡橋を含むりんくうタウン~関西空港間は依然、運行再開の目途が立たないため、『はるか』は日根野駅(大阪府泉佐野市)まで、関空快速はりんくうタウン駅(大阪府泉佐野市)までの運行となっている。

りんくうタウン駅から関西空港駅(大阪府田尻町)までは、関西空港交通によるシャトルバスが運行されているが、『はるか』でこれを利用する場合、終着の日根野駅で関空快速に乗り換える必要がある。

一方、同じく連絡橋を通過する特急『ラピート』を運行している南海電気鉄道(南海)では、空港線泉佐野~りんくうタウン間が復旧しているが、『ラピート』は依然として運休が続いている。

このほか、南海では高野線高野下~極楽橋間と鋼索線極楽橋~高野山間でも倒木が多数発生していることにより運行を見合わせており、高野線では橋本~高野下間を臨時ダイヤで運行。橋本~高野山間ではバス、高野下~極楽橋間と鋼索線ではタクシーによる代替輸送をそれぞれ行なっている。

また、火災のため閉鎖されている本線尾崎駅は、ホームにスロープを設置し、9月11日から営業を再開することになった。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。
  • 10月2日限りで消えるしなの鉄道115系S11編成のコカ・コーラ色。N12編成だったJR東日本時代の1987年にもコカ・コーラ色となっていた。
  • 終電繰上げ後の大阪駅は、0時15分発の大阪環状線京橋行きが最終列車に。現行より18分繰り上がる。
  • 8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。

ピックアップ