キムコ レーシングS125、4kg軽量化でハンドリング・加速性能向上 9月14日発売

モーターサイクル 新型車
キムコ レーシングS125
キムコ レーシングS125 全 4 枚 拡大写真
キムコジャパンは、スポーツスクーター『レーシングS125』の各部を熟成させ4kgの軽量化を図るとともにカラーラインナップを変更し9月14日に発売する。

レーシングS125は、チューブハイドロフォーミング製法によるフレームや、最高出力11psを発生するバトルアックスエンジン、コントローラブルな前後ディスクブレーキを採用。スポーティかつ安定した走りを実現する。

今回、フレーム剛性の最適化や、肉抜き加工、ステムブラケットの材質変更、タンデムステップブラケットの材質変更など、多岐にわたる改良を行い、従来モデルから4kgの軽量化(装備重量127kg)を達成。ハンドリング性能と加速性能を向上させ、運動性能を高めた。

カラーラインナップは新色のマットシルバーメタリック、マットブラックを含む全4色を設定した。価格は29万9160円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ CB650R
  • カワサキNinja ZX-6Rレース専用モデル
  • ランド リンク コンセプト(世界初公開・特別出展物)
  • ヤマハがバイクレンタルの次に仕掛ける「キャンプ用品レンタル」のねらいとは
  • ヤマハ SR400 40th アニバーサリーエディション
  • ヤマハ MT-03 新型
  • ヤマハ YZF-R25/R3 開発者インタビュー
  • 浅草・雷門前を走るドゥカティDIAVEL1260S

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/09/09/313804.html/article/2018/09/09/313803.html/article/2018/09/09/313805.html