ヤマハ発動機、台湾ゴゴロから電動バイクをOEM調達 交換式バッテリー事業に参入

モーターサイクル 企業動向
Gogoroのバッテリーステーション
Gogoroのバッテリーステーション 全 1 枚 拡大写真
ヤマハ発動機は、台湾の電動バイクのスタートアップであるGogoro(ゴゴロ)から電動バイクをOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受ける検討を開始したと発表した。

ゴゴロは2015年から台湾二輪車市場に参入し、自社製電動スクーターと、簡単にバッテリー交換ができるバッテリーステーションによる電動二輪車ビジネスを展開している。

今回、ヤマハ発動機はゴゴロの市販車をベースに、ヤマハのデザインを採用したヤマハブランドの電動バイクをGogoroに生産を委託する。完成車両はヤマハの現地法人であるヤマハモーター台湾の販路を通じて台湾市場で販売する。ゴゴロのバッテリーステーションを共用できる第1弾モデルの投入は2019年夏頃の予定。

ヤマハ発動機は台湾で電動二輪車『E-VINO』(イービーノ)を製造・販売しているが販売台数は600台前後にとどまっている。ゴゴロは簡単にバッテリー交換ができるバッテリーステーションを展開していることが受けて電動バイクの販売を伸ばしており、2017年は3万4000台を販売した。ヤマハ発動機は、ゴゴロとの協業を通してバッテリーステーションを使った電動バイクビジネスを模索する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディ e-tron スクーター(フランクフルトモーターショー2019)
  • カワサキ Ninja H2 SX SE+
  • 二輪市場活性化プロジェクト「HondaGO」
  • 石川県から来たという池下さんご家族は新型R1250を試す
  • BMW R nineT /5
  • イメージ
  • 普段使いしやすい容量、スピード着脱、二人乗りを実現した「ターポリンシングルサイドバッグ」
  • 「二輪デザイン公開講座」に31名の学生が参加。バイク・デザインの基礎を学んだ。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/09/11/313879.html/article/2018/09/11/313878.html/article/2018/09/11/313880.html