いすゞの次世代トラック、エヌビディアの最新プラットフォーム導入へ…自動運転を推進

自動車 テクノロジー ITS
いすゞの現行トラック(参考画像)
いすゞの現行トラック(参考画像) 全 2 枚 拡大写真
エヌビディア(NVIDIA)は9月12日、同社の「NVIDIA DRIVE AGX」プラットフォームを、いすゞが次世代トラックの開発に導入すると発表した。

いすゞは軽量トラックから大型トラックまで、毎年60万台以上の商用車を生産。いすゞはエヌビディアの「NVIDIA DRIVE AV」ソフトウェアスタックとエネルギー効率の高いNVIDIA DRIVE AGXプラットフォームを使用して、自動運転を推進していく。

自動運転トラックが安全に走行するためには他の車、歩行者、自転車など、周囲の状況を完全に理解する必要がある。トラックに装着された多数のセンサが、AIスーパーコンピュータにデータを送信。NVIDIA DRIVE AGXは、リアルタイムでアルゴリズムとアプリケーションを実行し、安全な自動運転を実現するという。

いすゞは、NVIDIA DRIVE AGXコンピューティングプラットフォームを、車両の周囲360度の認識、レーンキープ、アダプティブクルーズコントロールなどに活用。最終的に高度に自動化された完全自動運転への移行を目指す。

なおエヌビディアは、いすゞとの協力は、自動運転の長距離トラックなど、より安全で効率的に道路を利用するための世界的な取り組みを表すもの、としている。

レクサスは日本向けの新型『ES』に、量産車として世界で初めてデジタルアウターミラーを採用す…

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • いすゞ ガーラ(2018年)
  • いすゞ エルフ 改良新型に搭載されているディーゼルエンジン
  • いすゞ D-MAX(参考画像)
  • 米スーパーターボ・テクノロジー社の「スーパーターボ」
  • VW ゴルフ 新型 開発車両(スクープ写真)
  • ヒュンダイ i20N スクープ写真
  • メルセデスベンツ Xクラス Edition1 X350d 4Matic
  • マンハート BMW Z4 チューニングカー 

ピックアップ