初出展のトヨタ紡織、VRドライブを楽しむ移動空間を提案 東京ゲームショウ2018

自動車 ビジネス 国内マーケット
トヨタ紡織 ブースイメージ
トヨタ紡織 ブースイメージ 全 1 枚 拡大写真
トヨタ紡織、ティアフォーとシナスタジアは、9月20日から23日まで(一般公開は22日・23日)幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2018」に初出展し、「VRドライブを楽しむ移動空間」を提案する。

トヨタ紡織は、シートをはじめ内装部品をトータルに開発する自動車部品メーカー。同社では、様々なニーズに応じた快適な未来の移動空間を開発する取り組みも進めている。そのひとつとして、自動運転プラットフォーム開発のティアフォー、マップデータやAR情報を利用したエンタメコンテンツ開発のシナスタジアとともに、新しい価値を生み出す移動空間の研究に取り組んでいる。

今回、東京ゲームショウで紹介するのは、VRゴーグルを装着すると、走行案内をするアニメキャラクターが隣に現れ、会話を楽しみながら、現実と異なる時間や季節、場所の景色をドライブ感覚で楽しめるエンターテイメント空間。自由自在なシートレイアウトと大型ウィンドウを活かした開放的な空間で、乗員の動作やVR映像と連動した照明、音響、振動などで感動を盛り上げ、移動する楽しみを創出する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ紡織製シート(トヨタ・プリウス)
  • トヨタ紡織
  • トヨタ・ヤリス新型
  • トヨタ紡織
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ