トヨタ ヤリス がスマホ連携強化、初代オマージュの20周年記念車も…パリモーターショー2018で発表へ

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)の2019年モデル
トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)の2019年モデル 全 4 枚 拡大写真
トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは9月17日、フランスで10月に開催されるパリモーターショー2018において、『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)の2019年モデルを初公開すると発表した。

2019年モデルには、最新の車載コネクティビティを採用。新型マルチメディアシステムは、常時コネクトするというニーズに対応。スマートフォンとの連携が強化されており、車内から人気アプリにアクセスできるようになる。

操作はダッシュボード中央のタッチスクリーンで行う。 スマートフォンと接続されると、スマートフォンのコンテンツは、タッチスクリーン画面の操作によってアクセスできる。 他のサードパーティのアプリケーションへのアクセスを可能にするために、時間の経過とともに機能が拡張されます。

また、このシステムには、音声認識に対応。ナビゲーションシステムなどを操作する際、音声で指示を出すことができ、運転中の安全性を引き上げた。

さらに、パリモーターショー2018では、1998年の同ショーでのヤリスのワールドプレミアから20周年を記念し、「Y20エディション」を初公開する予定。初代ヤリスと同じゴールデンイエローのツートンボディをはじめ、ダークグレイルーフなどの専用装備を採用する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・ヤリス 新型(欧州仕様)
  • 1/32 レーサーミニ四駆シリーズ「トヨタ GR ヤリス(VZシャーシ)」
  • モンツァジャパン HI-BLOCK JERRARD
  • トヨタ ヤリス(左上)、C-HR(右上)、カローラスポーツ(左下)、RAV4(右下)
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ