BMW 7シリーズ、価格大幅ダウンの特別仕様車を発売 装備を厳選

自動車 ニューモデル 新型車
BMW 740i ドライバーズエディション
BMW 740i ドライバーズエディション 全 3 枚 拡大写真
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、フラッグシップモデル『7シリーズ』に特別仕様車「740i ドライバーズエディション」を設定し、10月20日より販売を開始した。

特別仕様車は、7シリーズの中でもスポーティさを際立たせた最量販モデル「740i Mスポーツ」をベースとしたドライバーズラグジュアリーモデルだ。

ベースモデルからベンチレーションシートや後席オートエアコンなどの一部快適装備を除く一方、Mストライプが施されたブラックの専用ダコタレザーシートを採用した。さらにベースモデルのボディーカラーであるアルピンホワイト、ブラックサファイアに加えて、特別専用色シンガポールグレーを追加。専用の内外装色で個性を演出した。

価格は1232万円。厳選したアイテムと専用装備を組み合わせることで、ベースモデルの1374万円より価格を大幅に抑えた。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ。手前がPHEV、奥がEVの「i7」(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 新型
  • BMW i7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW i7 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV