トヨタ スープラ 新型、「GR」とは異なる軽量レース仕様が存在…?

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ スープラ 新型プロトタイプと多田哲哉氏(参考画像)
トヨタ スープラ 新型プロトタイプと多田哲哉氏(参考画像) 全 8 枚 拡大写真
トヨタ『スープラ』新型に、100kgの軽量化がされたレース仕様が開発されている可能性が高いことが分かった。またその公道バージョンも示唆している。

これは、Gazooレーシング・チーフエンジニアであり、スープラ新型の開発責任者、多田哲哉氏がTop Gear誌のインタビューに答えたもので、開発中なのは間違いない。但し、公道仕様の開発に関しては、断言はしてないようだ。

視野に入れているレースは、フォード『GT』、ポルシェ『911』、フェラーリ『448』らがひしめく「LM GTE」カテゴリだ。この軽量化モデルのパフォーマンスは、既に公開されている「GRスープラ・レーシングコンセプト」とは別物であり、パワーアップを必要としないほど優れていると言う。ベースである市販型バージョンは、ポルシェ『ケイマン』をベンチマークとして開発されているが、レース仕様では、「911」を標的にする。

「スープラ」のパワートレインは、デュアルクラッチ・トランスミッションと組み合わされる2バージョンの2リットル直列4気筒エンジン、トップモデルには3リットル直列6気筒オーバーブースト付きターボエンジンをラインアップ。最高出力は、下から200ps、250ps、そして340psが予想されている。新たに発覚した軽量の公道バージョンと、噂される「GRMN」モデルとの関連性は不明だが、ハイエンドモデルには、最高出力400ps以上を発揮する3リットル直列6気筒エンジンが搭載されると予想されている。

トヨタ スープラ新型、レース&公道仕様の軽量バージョンを開発中か!

《Spyder7 編集部》

【画像】トヨタ スープラ 新型、「GR」とは異なる軽量レース仕様が存在…?(8枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  2. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  3. 日産 スカイライン のインフィニティ版、『Q50』に2022年型…最強版は405馬力
  4. 日本再上陸のオペル いつから買えていつから乗れるの?
  5. 北米SUVオブザイヤー2022、日産やジープが残る…第2次選考9車種
  6. 精悍さ際立つブラック仕様、ランドローバー ディフェンダー に日本独自の限定モデル
  7. マセラティ MC20 日本上陸、鈴鹿サーキットでシェイクダウン
  8. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  9. フォード ブロンコ 新型に高性能な「ラプター」、2022年に登場へ
  10. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
ランキングをもっと見る