自動車整備士技能検定試験、2018年度の合格率は28.2%

自動車 社会 行政
(イメージ)
(イメージ) 全 2 枚 拡大写真
国土交通省は、2018年度の自動車整備士技能検定試験合格者数が33人だったと発表した(21日)。

2018年度の自動車整備士技能検定試験(二級自動車シャシ整備士)の申請者は117人だったのに対して合格者数は33人だった。合格率は28.2%と3割を下回った。

学科試験の合格基準は、30点満点に対し21点以上の成績で、シャシ、整備用機器・計量器・材料などと法規それぞれの分野ごとに40%以上の正答率であること。実技試験の合格基準は、60点満点に対し36点以上の成績で、問題1から問題3までのそれぞれの問題ごとに40%以上の正答率であることとされている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV