日本EVクラブ、親子電気レーシングカート教室を開催予定 EVS31

エコカー EV
親子電気レーシングカート教室(イメージ)
親子電気レーシングカート教室(イメージ) 全 3 枚 拡大写真
日本EVクラブは、神戸コンベンションセンターで開催される「第31回国際電気自動車シンポジウム・展示会(EVS31)」(9月30日~10月3日開催)に出展し、9月30日に「親子電気レーシングカート教室(組立&試乗)」を実施する。

EVSは、電気自動車、ハイブリッド電気自動車、燃料電池自動車など、電動車両関連分野の研究発表や展示を行う世界最大のシンポジウム・展示会。北米、欧州、アジア太平洋の3地域で交互に開催されており、日本で開催されるのは、EVS13(1996年10月、大阪)、EVS22(2006年10月、横浜)に続く3回目、12年ぶりとなる。

同教室では、電気レーシングカートを組み立てながらEVの仕組みを説明することで、小学生にもわかりやすく、EVの構造を理解してもらう。また小学校では2020年から、中学校ではすでに始まっているコンピュータプログラミングにも挑戦。パソコンを使って、モーターの最高出力や出足の鋭さなどを変え、電気レーシングカートの性能を調整。組立終了後には、電気レーシングカートの試乗を特設コースで行う。

親子電気レーシングカート教室は、12時30分~14時(受付12時~)と15時~16時30分(受付14時~)の2回開催。身長130cm以上の小学生とその保護者が対象で、定員は各回20組。先着順で当日参加申込みを会場で受け付ける。参加費は無料。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • SDGs ERK on ICE
  • 親子電気レーシングカート組立体験
  • 氷上EVカートを楽しむ
  • ジャパンEVラリー白馬 2019
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ