ハーレーダビッドソンジャパン、ZOZOTOWNに出店 アパレルを使ってファン拡大

モーターサイクル 企業動向
ハーレーダビッドソンジャパンはアパレル通じモーターサイクルとともにある暮らしと「新しい自由」を提案
ハーレーダビッドソンジャパンはアパレル通じモーターサイクルとともにある暮らしと「新しい自由」を提案 全 4 枚 拡大写真
ハーレーダビッドソン ジャパンは、日本最大級のファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」に出店すると発表した。27日13時より出店予定。

ストリートファッションとライダースのクロスオーバーが進む需要の高まりをとらえ、ライダーに加え、多くの消費者にアパレル通じモーターサイクルとともにある暮らしと「新しい自由」を提案する。

ハーレーダビッドソンが2018年7月に発表した新たな中期経営計画「More Roads to Harley-Davidson」では「市場志向アプローチのさらなる推進」を掲げ、都市型のアパレル出店計画やeコマース・プロバイダーとの協業を世界規模で進めることを掲げた。ハーレーダビッドソンでは、アパレルを、モーターサイクルと比する消費者との重要な接点と見ており、今回、ZOZOTOWNへの出店を決めた。

ライダースジャケット、パーカー、Tシャツ、パンツなどのライダースカジュアル全般を販売する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS

ピックアップ

Response.TV