マツダ、ロータリーエンジン復活へ…2030年に全車電動化、レンジエクステンダー搭載EVも開発

マツダ、ロータリーエンジンによるレンジエクステンダーEVを公開(2013年)
マツダ、ロータリーエンジンによるレンジエクステンダーEVを公開(2013年)全 3 枚写真をすべて見る

マツダは10月2日、電動化とコネクティビティの技術戦略を公表。2030年時点で生産するすべての車両に電動化技術を搭載すると発表した。

電動化技術については、「Well-to-Wheel(燃料採掘から車両走行まで)」視点で企業平均CO2排出量を2050年までに2010年比90%削減することを視野に、2030年時点で生産するすべての車両に電動化技術を搭載。構成比は電動化技術を搭載した内燃機関車が95%、電気自動車は5%を想定する。

また電気自動車については、バッテリーのみで駆動するモデルと、これに新開発のロータリーエンジン(RE)レンジエクステンダーを搭載したモデルを開発する。REレンジエクステンダーはバッテリーが一定レベルに減ると発電し、航続距離を延伸に貢献。また気体燃料との親和性に優れることから、LPG(液化石油ガス)を利用した災害時における緊急給電も想定して開発する。

コネクティビティ技術については、トヨタ自動車株式会社とのアライアンスを最大限に活用して開発。モデルベース開発と連携し製品開発に反映することで、品質と顧客満足度をさらに向上させるとともに、クルマを通じた体験や感動の共有によって人・社会をつなげ、いつまでも人間らしい心豊かな「生きる歓び」が実感できる、新たなクルマの価値として提案することをめざす。

マツダの丸本明社長と開発部門を担当する藤原清志副社長は10月2日に都内で記…

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ ロードスター30周年記念車
  • マツダとトヨタの米国合弁新工場「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.」くわ入れ式(2018年11月)
  • 9年目の現行アテンザ。フルモデルチェンジは新開発アーキテクチャで?
  • 東芝の二次電池 SCiB
  • 直6・SKYACTIV-Xを搭載するマツダの新型フラッグシップクーペ(予想CG)
  • ヴェノム F5
  • フェラーリ 新型ハイブリッドのプロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ スープラ 新型

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/10/02/314581.html/article/2018/10/02/314580.html/article/2018/10/02/314582.html