ヤマト運輸、トラックドライバー確保に向けて準中型免許取得支援制度を拡充

ヤマト宅急便
ヤマト宅急便全 1 枚写真をすべて見る

ヤマト運輸は、トラックドライバーを確保するため、10月1日より準中型免許取得支援制度を拡充し、新卒・第二新卒採用のセールスドライバーに対しても支援する。

2017年3月12日に準中型免許が新設され、2トントラックなどの集配車の乗務に準中型免許が必要となったことを受け、ヤマト運輸では、在籍するセールスドライバーに対して準中型免許取得支援制度を導入し、普通免許から準中型免許への切り替え費用を補助している。

今回、セールスドライバーの採用競争力を高めて継続的に人材を確保し、高品質な輸送サービスを提供していくため、準中型免許取得支援制度を拡充し、新卒・第二新卒採用のセールスドライバーの採用内定後も支援する制度にする。

初めて運転免許を取得する新卒・第二新卒採用者は普通免許と準中型免許の取得費用の差額に相当する10万円を補助する。2017年3月12日以降、普通免許を保持している採用者は、普通免許から準中型免許への切り替え費用に相当する15万円を補助する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 八幡観光バスとヤマト運輸、路線バスによる客貨混載を開始
  • (イメージ)
  • (イメージ)
  • ヤマト宅急便
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ