復活の新型『カタナ』に早速またがってみた!来春以降の国内投入に期待ふくらむ…インターモト2018 | レスポンス(Response.jp)

復活の新型『カタナ』に早速またがってみた!来春以降の国内投入に期待ふくらむ…インターモト2018

ドイツ・ケルンで開催されているインターモト2018で、スズキカタナ新型が発表。2輪ジャーナリスト佐川健太郎氏が“またがり”レポート
ドイツ・ケルンで開催されているインターモト2018で、スズキカタナ新型が発表。2輪ジャーナリスト佐川健太郎氏が“またがり”レポート全 12 枚写真をすべて見る

ドイツ・ケルンで開催中の世界最大級のモーターサイクルショー「インターモト2018」から緊急レポート! 各国バイクメーカーから最新モデルが発表される中でひと際注目を集めていたのが、今回スズキから世界初公開となった新型『KATANA(カタナ)」だ。

ベースはスポーツネイキッドの『GSX-S1000』で、最高出力150psの水冷直4エンジンやアルミツインスパーフレーム、前後サスペンションやブレーキまわりが、車体の基本パッケージはS1000とほぼ共通とのこと。これに「鍛造された日本刀」をイメージしたスタイリングで仕上げたのが新型カタナ。

間近でみると前後長が短くコンパクトだが、フロントまわりにボリューム感があり、かつマスが車体センターにぎゅっと集中したような現代的なフォルムになっている。やはり目がいくのは鋭いエッジで構成されたフロントまわり。特に日本刀の切っ先をイメージしたという尖った先端部が印象的だ。タンク後端からシートにかけての落差のあるデザインも元祖カタナを彷彿させる。

さて初試乗、といっても跨ってみた印象だが、S1000に比べてややハンドル位置が高く広めで、着座位置もやや前寄りな感じ。上体は割と起きたリラックスしたライポジになると思う。初期型の1100カタナがシート低めで車体は前後に長くロングタンクでハンドルが遠かったのに比べるとかなりコンパクト。

足着きは標準的で、スタンドを払って車体を起こした感じも軽い。前後サスはダンパーが効いていてコシ感のあるシートとともに、スポーティな乗り味が想像できる。30年前のバイクと比べること自体、あまり意味がないかもしれないが念のため。「まったくの別物」と言えるだろう。

S1000譲りのパワーと運動性能をそっくりそのまま受け継いでいるとなると、街乗りからスポーツライディングまで幅広く使えそう。昔あこがれたカタナの雰囲気を楽しみつつ思い切り走って満足できる。きっとそんなバイクだと思う。国内投入は来春以降とのことなので期待しよう。

《佐川健太郎》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ