フェラーリ モンツァSP1、見た目はレトロだがスペックは最新「812」並み…パリモーターショー2018[詳細画像]

フェラーリ モンツァSP1(パリモーターショー2018)
フェラーリ モンツァSP1(パリモーターショー2018)全 19 枚写真をすべて見る

フェラーリは新たなコンセプトの限定スペシャルシリーズ、「イーコナ(Icona)」の第一弾として『モンツァSP1』(Ferrari Monza SP1)を初公開。過去の象徴的なフェラーリレーシングバルケッタのルーツとなる1948年の『166MM』を想起させるデザイン要素を注入した特別なモデルだ。

モンツァSP1は、ステアリングホイールを握るドライバーに、独特のエクスペリエンスをもたらす妥協のないシングルシートロードカーとして設計。ウインドスクリーンもルーフも装備しない独特の車体構造のために、エアロダイナミクスは、既存のフェラーリとは異なるアプローチで開発。特許を取得した「バーチャルウインドシールド」によって、ドライバーは高速走行時にもドライビングに集中できるという。

ボディは広範囲にわたってカーボンファイバー素材を使用。フェラーリ『812スーパーファスト』の車台をベースに、専用デザインのヘッドライト、テールライト、ホイール、インテリアなどを採用した。ボディサイズは、全長4657mm、全幅1996mm、全高1155mm。

6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンは、フェラーリの市販エンジン史上最強の最大出力810ps/8500rpm、最大トルク73.3kgm/7000rpmを発揮。0~100km/h加速2.9秒、0~200km/h加速7.9秒、最高速300km/h以上と、812スーパーファストと同等以上のパフォーマンスを実現する。

《ショーカーライブラリー》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/10/05/314736.html/article/2018/10/05/314735.html/article/2018/10/05/314737.html