ヤマハ発動機、船外機 F425A が米国でイノベーションアワード受賞

IBEX2018イノベーションアワード受賞
IBEX2018イノベーションアワード受賞全 2 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機で最もパワフルな425馬力の4ストローク船外機「F425A」が、10月2日から4日に米国フロリダ州タンパで開催された国際マリントレードショー「IBEX2018」にて、米国舟艇工業会(NMMA)のイノベーションアワードを受賞した。

イノベーションアワードは、NMMAが主催するIBEXにて「船舶製造技術/素材部門」「メカニカルシステム部門」「船外機部門」など計13部門別に毎年審査・発表。審査は専門知識に秀でたボーティングライターズインターナショナル(BWI)のメンバーから選出された審査員によって行われる。審査基準は「既存の製品に比べて革新的であること」「マリン業界および消費者に恩恵をもたらす製品であること」「実用的であること」「費用効率が高いこと」などとなっている。

F425AはV型8気筒、排気量5559cc、最高出力425馬力の新開発のエンジンを採用した船外機だ。燃料を高圧、かつ高精度に各燃焼室に直接噴霧する「ダイレクトフューエルインジェクション」や、ケーブルや油圧装置を廃した「内蔵型電動ステアリングシステム」を4ストローク船外機として初採用。ジョイスティックで操船できる「ヘルムマスター」、7インチのタッチスクリーンカラーディスプレイ「CL7」と合わせ、高い利便性を提供する。2018年8月より北米で発売しており、欧州、オーストラリア、日本などの主要市場にて、順次発売する予定だ。

ヤマハ発動機の同賞受賞は、昨年の船外機「F25G」の受賞に続き6度目。今回の受賞では、F425Aの革新的な技術の導入がマリン先進国アメリカで高く評価された。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ YZF-R25(2018年)
  • 歩道橋完成のイメージ
  • ウルヴァリン RMAX 1000
  • YZF-R1 レースベース車
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV