陸上競技用カーボン車いす、八千代が出展予定…福祉機器展2018

フラッグシップモデル「極<KIWAMI>」(手前)、スタンダードモデル「挑<IDOMI>」(奥)
フラッグシップモデル「極<KIWAMI>」(手前)、スタンダードモデル「挑<IDOMI>」(奥)全 1 枚写真をすべて見る

八千代工業は、10月10日から12日に東京ビッグサイトで開催される「第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018」に陸上競技用車いすを出展する。

今回、「Fun for Everyone. Honda~移動の喜びを一人ひとりに~」をテーマとしたホンダブース内に、フラッグシップモデル「極<KIWAMI>」と、スタンダードモデル「挑<IDOMI>」を展示する。

「極<KIWAMI>」は、国際レースに参戦する国内外のトップアスリートが続々と採用し、好成績を収めているカーボンレーサーと同モデル。また「挑 」は、カーボンメインフレームとアルミシートフレームのハイブリッドレーサーだ。

ヤチヨは、障がい者スポーツの発展とカーボン技術の構築を目指して、「1秒でも速く」、「風をきって走る喜び」を多くの競技者の方々と共有したいという理念のもと、ものづくりの会社ならではの高い技術力を駆使した、高品質でより進化したカーボンレーサーの研究および製造、販売に取り組んでいる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 高圧密閉樹脂製燃料タンク
  • S660用CFRPルーフ
  • ヤチヨカスタマイズパーツ装着のホンダ S660
  • フラッグシップモデル「極<KIWAMI>」(手前)、スタンダードモデル「挑<IDOMI>」(奥)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)
  • Hofele Design Ultmate HGLE

ピックアップ