スマートEV向けアプリに最新版、充電料金の決済がスマホで可能に…パリモーターショー2018

スマートのブース(パリモーターショー2018)
スマートのブース(パリモーターショー2018)全 2 枚写真をすべて見る

スマート(Smart)は、フランスで開幕したパリモーターショー2018において、スマートのEV向けアプリ、「スマートEQコントロールアプリ」の最新版を発表した。

このアプリは、スマートブランドの市販EV、『EQフォーツー』と『EQフォーフォー』のユーザー向けに開発されたもの。スマートフォンにダウンロードして使用することで、スマートのEVの利便性が向上する。

例えば、最新のスマートEQコントロールアプリでは、充電ステーションの場所を探し、空き状況を確認。そして充電の際には、スマートフォンのアプリ経由で料金を決済することができる。

またユーザーは、いつでもスマートフォンで車両の現在の状態を確認することが可能。画面には、車両に関する最も重要な情報が、ひと目で分かるように表示される。表示される情報には、バッテリーの充電レベル、航続、タイヤ空気圧などが含まれる。

さらにアプリには、「エコスコア」機能を採用。ドライバーが、エネルギー効率の高いドライビングを実践した場合、ポイントが加算される仕組み。エコスコアは、加速や運転スタイル、惰性走行に関するデータから計算される、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・カローラツーリングスポーツ(パリモーターショー2018)
  • トヨタ・カローラ・ハッチバック(パリモーターショー2018)
  • ポルシェ911スピードスター・コンセプト(パリモーターショー2018)
  • トヨタ・カローラ(パリモーターショー2018)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ