【メルセデスベンツ Cクラス 新型試乗】『Cクラス』に乗ったら人生終わりだとずっと思ってきた…岩貞るみこ

メルセデスベンツ Cクラス 新型(C200)
メルセデスベンツ Cクラス 新型(C200)全 12 枚写真をすべて見る

ずーっと昔から、たぶんこの仕事を始めたころから、『Cクラス』に乗ったら人生終わりだと思ってきた。クルマとしての出来がよく、あまりにもコンパクトにバランスよく完成されているからだ。角もない。トゲもない。穏やかな好々爺ならぬ、好々婆(そんな言葉はありません)になりさがった気分になる。

しかし、今度の「C200」。ううむ、これは乗ってもいいかも。いや、乗りたいかも。★の数がやたら多いのは、私の率直な気持ちの現れである。

搭載されているのは、1.5リットルエンジン+ターボ。1.5リットルですよ、メルセデスのくせに。しかしこれにBSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレータ)なるシステムを組み合わせモーターで上手にサポートすることで、停止している状態からの速度の上がり方が実になめらかでスムーズ、しかも、ギアチェンジもしなやかなのである。

さらに、乗り心地がまたいい。試乗したC200のAMGラインのサスペンションにはエアサスが採用されているのだが、これのしなやかさったらない。路面の凹凸もふわりとこなし、乗員が気づかないうちに駆け抜けている。これはきっと、私がにぶいだけじゃないだろう。

メルセデスベンツ Cクラス 新型(C200)メルセデスベンツ Cクラス 新型(C200)

一方、「C180」。同じくAMGラインでも、こちらはコイルサスが採用されており、C200に比べると残念ながら、凹凸のいなしがまるで違う。ガタピシという表現を使いたくなるくらい違う。さらにBSGがついていないため、加速するときの感じも、ああ、アナログだなーとしみじみ思う。C180が悪いと言っているのではない。そのくらいC200がいいのである。

このクルマには乗ってもいい。いやだけど、乗ってもいい。まだ丸くなりたくないと思うけれど、乗ってもいい。C200は、向上心あふれる私を骨抜きにするイヤなクルマである。

メルセデスベンツ Cクラス 新型(C200)メルセデスベンツ Cクラス 新型(C200)

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材するほか、最近は ノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。コラム『岩貞るみこの人道車医』を連載中。

メルセデスベンツ Cクラス 新型(C200)メルセデスベンツ Cクラス 新型(C200)

《岩貞るみこ》

【画像】【メルセデスベンツ Cクラス 新型試乗】『Cクラス』に乗ったら人生終わりだとずっと思ってきた…岩貞るみこ(12枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  2. ホンダ シビック 「Si」新型、200馬力ターボに「タイプR」のテクノロジー…米国発表
  3. 日産『キャラバン』のガソリン車がビッグマイナー、アウトドア需要増で個人向け装備充実
  4. センターピラーレスの軽自動車、安全性の問題は? そして今後の展開は?
  5. 【日産 ノートオーラ 新型試乗】「小さくても高級」は日本で受け入れられるか?…諸星陽一
  6. ホンダ シビック 新型、高性能版「Si」のティザー…10月19日米国発表へ
  7. 自転車用スマートヘルメット登場…ドラレコ&Bluetoothスピーカー内蔵
  8. 観光バス? キャンピングカー? いえモーターホームです…アソモビ2021
  9. ホンダ『CR-V』の兄貴分『パスポート』、米ラリーに参戦…2022年型のタフさを証明
  10. 『タコジラ』って何だ? トヨタがキャンパー提案へ…SEMA 2021
ランキングをもっと見る