プジョー 2008/208、横転時に燃料漏れのおそれ リコール

プジョー 2008(2015年)
プジョー 2008(2015年)全 2 枚写真をすべて見る

プジョー・シトロエン・ジャポン10月10日、プジョー『2008』と『208』のロールオーバーバルブに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2015年6月16日~8月24日に輸入された162台。

フューエルタンク内に取り付けられている車両横転時に燃料の逆流を防止するロールオーバーバルブにおいて、製造工程での溶接温度が不適切なため、樹脂製のロールオーバーバルブに穴が空いているものがある。そのため、事故等で車両が横転した際に燃料が漏れ出すおそれがある。

改善措置として、全車両、ロールオーバーバルブを点検し、不具合が確認されたものはフューエルタンクを良品と交換する。

不具合および事故は起きていない。本国からの情報により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • プジョー 2008 新型のEV、e-2008
  • プジョー 2008 新型
  • プジョー2008GTライン・ブラックパック
  • プジョー 2008 次期型 スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/10/10/314915.html/article/2018/10/10/314914.html/article/2018/10/11/314916.html