ボッシュがファーウェイと提携、クラウド上で自動車向けソリューションが利用可能に

提携を結んだボッシュとファーウェイの首脳
提携を結んだボッシュとファーウェイの首脳全 1 枚写真をすべて見る

ボッシュ(Bosch)は10月10日、中国の大手通信機器メーカーで、スマートフォンなどを手がけるファーウェイ(HUAWEI)と提携を結んだと発表した。

今回の提携によって、ファーウェイのクラウド上で、ボッシュの「IoT Suite」ソフトウェアサービスを利用することが可能に。そのひとつが、「車両マネージメントソリューション」。このソリューションは、車両の予測診断や無線ソフトウェア更新などのクラウドベースのサービスのための技術基盤を提供しながら、車両の寿命を延ばすことを目指す。

また、このソフトウェアでは、車両とクラウド、サービスの間で、安全な通信インターフェースを追求。自動車メーカーなどのユーザーは、車両のデータを分析し、車両ソフトウェアを継続的に更新することができるようになるという。

中国の大手自動車メーカーの一部は、車載ソフトウェアをアップデートするために、ファーウェイのクラウドにボッシュのIoT Suiteを導入することを決定。このソリューションは、今後数年間に中国の数百万台のコネクテッドカーに導入される予定、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • CDR+ADASビジネス エコシステム
  • 第5世代レーダーとして登場(左)。視野角を大幅に向上させた
  • ボッシュ(人とくるまのテクノロジー2019)
  • オートサービスショーのボッシュブースでは、モータージャーナリストの岩貞るみこさんを招いてトークセッションが開催された。
  • ルノー 新型クロスオーバーSUV 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデス AMG E63 改良新型スクープ写真
  • ゲンバラによるオリジナルスーパーカーのティザーイメージ
  • アウディ RS4アバント 改良新型 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/10/11/314935.html/article/2018/10/11/314934.html/article/2018/10/11/314936.html