マツダ×日立オートモティブ、車両運動制御技術「GVCプラス」を共同開発

G-ベクタリング コントロール プラス作動イメージ
G-ベクタリング コントロール プラス作動イメージ全 1 枚写真をすべて見る

マツダと日立オートモティブシステムズは10月11日、新世代車両運動制御技術「スカイアクティブ ビークル ダイナミクス」の第2弾として、「G-ベクタリング コントロール プラス(GVCプラス)」を共同開発したと発表した。

GVCプラスは、日立オートモティブシステムズが有する車両運動制御アルゴリズムを基にマツダが応用開発し、2016年に発表した「G-ベクタリング コントロール(GVC)」の進化技術。GVCによる車両の横方向と前後方向の連係運動に加えて、ブレーキによる直接ヨーモーメント制御によってさらなる車両挙動の安定化を実現する。

GVCプラスでは、旋回中のドライバーのハンドル戻し操作に応じて外輪をわずかに制動し、車両を直進状態へ戻すための復元モーメントを与えることで安定性を向上。ヨー、ロール、ピッチの各回転運動のつながりを高い旋回Gの領域まで一貫させ、素早いハンドル操作に対する車両の追従性を高めるとともに、挙動の収束性を大幅に改善する。

これにより、緊急時の危険回避能力を高めるとともに、高速走行時の車線変更や、雪道など滑りやすい路面環境においても、人間にとって制御しやすく、より安心感の高い動きを提供する。

マツダでは、10月11日より予約受注を開始した『CX-5』の商品改良モデルから順次、各モデルへ搭載していく計画だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダCX-5
  • マツダ CX-5(2018年)
  • モーションコントロールビーム
  • インテークサクションキット
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー メガーヌ 改良新型(スクープ写真)
  • アウディ RS5スポーツバック 改良新型(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/10/12/314962.html/article/2018/10/12/314961.html/article/2018/10/12/314963.html