空飛ぶクロネコ? ヤマトがベルヘリコプターと「空飛ぶ輸送」を共同開発へ 2020年代半ばに実用化

ヤマトホールディングスとベルヘリコプターが共同開発する電動垂直離着陸機のイメージ
ヤマトホールディングスとベルヘリコプターが共同開発する電動垂直離着陸機のイメージ全 1 枚写真をすべて見る

ヤマトホールディングスは10月12日、米国テキストロン傘下のベルヘリコプターと、「空飛ぶ輸送」を実現するために協力することで合意したと発表した。

これまで培った空と陸のノウハウを融合し、空の輸送モードとなるeVTOL機(電動垂直離着陸機)を活用した物流を2020年代半ばまでに実用化する。

ベルは、ポッド(外装式輸送容器)を搭載するAPT(自律運航型ポッド輸送機)の設計、開発、製造を主導。ヤマトはこれまで培ってきた幅広い物流業務でのノウハウを活かしたポッドを開発する。両社は、2019年8月までに開発したAPTとポッドの飛行と機能のデモンストレーション実施を目指す。

ベルのAPTは、テイルシッター型の電動垂直離着陸機にペイロードポッドを搭載する。この電動垂直離着陸機は時速100マイル(160km/h)以上の速度で飛行し、最大積載量は小型機が7kg、大型機が453kg。

APTの能力によって全く新しい輸送サービスや高効率オペレーションを実現する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • FC大型トラック(車両イメージ)
  • ダブル連結トラック
  • 宅配便取扱個数の推移(2019年度)
  • ヤマトホールディングスが導入する新しい制服
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG

ピックアップ

Response.TV