7冠F1王者の息子、ミック・シューマッハ19歳がF3欧州チャンピオンに

ミック・シューマッハがF3欧州王座を獲得。
ミック・シューマッハがF3欧州王座を獲得。全 4 枚写真をすべて見る

F1世界タイトルを7度獲得したミハエル・シューマッハ氏の息子、ミック・シューマッハが2018年のFIA F3 ヨーロピアン選手権でチャンピオンに輝いた。

1999年3月22日生まれの19歳、ミック・シューマッハは、歴代最多7度(1994~95、2000~04年)のF1世界タイトル獲得歴を誇るドイツの英雄ミハエル・シューマッハ氏の息子だ。カートからジュニアフォーミュラへと上がり、2017年よりFIA F3 ヨーロピアン選手権に参戦。そして今年、シリーズチャンピオンを獲得した。

ミックは「もちろん、タイトルを獲得できたことはとても嬉しい。この素晴らしい気持ちをどう表現したらいいのか分からないくらいだ」と語り、「素晴らしいチーム(プレマ・セオドール・レーシング)が、僕をベストなコンディションに置いてくれる。だから、重要なことに集中できるんだよ。これは成功のためのカギだと思う。そして我々はさらなるインプルーブにトライし続けてきた」と、チームを讃えている。まるでF1全盛時の父のような談話だ。

FIA F3 ヨーロピアン選手権の今季最終大会はDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)との併催だった。DTMのシリーズ運営団体ITRの現在の長は、かつてF1でミハエル氏とも戦ったゲルハルト・ベルガー氏である。ベルガー氏は「ミハエルのことを思うと、とても嬉しい。いつか、彼が我々と一緒に(現場で)ミックの将来のキャリアを見守る日が来たら、と願っている」との旨を語っている(ミハエル氏は2013年の年末にスキー事故で負傷、現在も療養中)。

おそらくミックの将来の夢はF1で活躍することだろう。F3での実績も残したことで、今後、彼の前には道が開けてくることが予想される。そう遠くない将来、再び「M. Schumacher」の時代がモータースポーツのトップシーンに戻ってくるかもしれない。

《遠藤俊幸》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV